ネットワークを支えている!監視作業のあるある

手順やマニュアルが準備されている点

初めてネットワーク監視をする方は、どのように監視を行っていくのか不安を感じる方も多いです。しかし安心してもらいたいのは、ほとんどの環境ではすでにネットワーク監視の手順もしくはマニュアルが確保されており、それに従って監視を行っていきます。その為、ネットワークにそこまで詳しい知識やスキルを習得していない方も仕事に携われるのが魅力です。すでにネットワーク監視を行っている先輩や上司から一通りの手順を教えてもらえます。ここで何度も聞き返すのではなく、一度でちゃんと理解できるようにメモを取るのが大切です。トラブルに関しても様々なトラブルに対応できるようにマニュアルに掲載されている事が多い為、状況によっては、初めてネットワーク監視を行う方でも対応できますよ。

複数のネットワーク監視を行うのが一般的

一つだけネットワーク監視を行っても余程の事態が発生しない限り、ネットワーク異常は発生しないんですよね。そうなるとネットワーク監視を行っているエンジニアは、時間を持て余してしまって暇な時間が多くなります。基本的にネットワーク監視を行っているエンジニアは、一つのネットワークを監視しているだけではなく、複数のネットワーク監視を行っている事がほとんどですね。正常な状態が保たれている時は、それだけネットワーク監視において、実施しなくてはいけない事が少ないです。問題は複数のネットワークが同時にトラブルが発生した場合、迅速に対応しないと何時までもネットワークを使用できなくなる為、注意しないといけません。

近年コンフィグ管理は自動化になっています。なので日々のネットワーク管理に全力を注ぐことができるようになりました。

This article was written by admin