わかりやすい!ネットワーク監視は何故必要性?

ネットワーク監視とは

ネットワーク監視とは、そのネットワークにおける通信が正しく行われている、データが流れているかをネットワーク管理者もしくはシステムが定期的に監視を行うことです。ネットワークとはサーバ機器やクライアント端末、センサーデバイス等の間にデータの通信を発生させるためのものであり、このネットワークが停止してしまうとサーバとクライアント間のデータ通信ができなくなり、そのサーバ上で提供されているシステム、サービスが利用不可となってしまいます。このようなことにならないよう、または、なってしまったときになるべく早く復旧できるようにするために行うのがこのネットワーク監視です。

ネットワーク監視をしていないと?

上記で記載したとおり、ネットワーク監視はネットワークが通信できなくなった場合にその状況を検知し迅速に復旧するために行われるものですが、ネットワークの監視を行わなければならないシチュエーションとしてどのようなケースが考えられるかを少しご説明いたします。例えば、ネットワーク通信を実現するための回線網が断線してしまったことで通信が遮断してしまい、多数のサービス利用者がサービスを使えない状態になっていたり、また、ある特定の利用者がとても大きい情報をやりとりしようとしている関係で、ネットワークの通信帯域が圧迫し、他の通信が流れにくくなっている、等が考えられます。このように、ネットワークは監視をしていないといろいろな原因によって通信が上手くいかない状況になることがあり、そのような状況を迅速に検知し復旧することがネットワーク監視の大きな目的であるといえます。

フロー監視は高速ネットワークに適した技術で、ネットワークのリアルタイムの監視、またはリアルタイムトラフィック監視などで大きな力を出します。

This article was written by admin